上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
みなさん、こんにちは
栄養委員会のY.Aです
栄養士委員会のブログ、記念すべき第一回目!

3月19日に「糖尿病フェスタ」が行われました。
栄養委員会では「食育SAT」というシステムを使って、ご来場の方々に栄養指導を行いました。

「食育SAT」のシステムでは、食品サンプルにICチップが付いています。

IMG_4542.jpg

SAT

本物にみえますよね~
触り心地にまで、こだわって作ってらしゃるとのこと。

これらを1食分選んで、お盆に乗せて専用の機械におくと・・・

SAT


エネルギー量(カロリー)
タンパク質量
総脂質量
炭水化物量
食塩相当量
野菜類

の値が分かるのです

ご自身で食べている毎日のお食事の量って、なかなか相手に口で伝えることって難しいですよね。
「口」だけではなく、「目」でみて「触って」。

食育SATのシステムは視覚でご自身のお食事の量が分かるので、ご来場の方々にもスタッフ間でもとても好評でした!

☆でご自身のお食事のランクが分かるので、とてもわかりやすく、
「どこをどう変えたらよいのか」が伝えやすく、そして、理解しやすくなります。

IMG_3274.jpg


糖尿病の方で重要なことは「血糖値の管理」。
お薬を毎日きちんと服用することもとても大切なのですが、「食事の管理」もとっても大切です。

普段の食生活で、炭水化物を「摂り過ぎ」ていたり、おやつにケーキや菓子パンなどの甘味
時間がないから~と外食では、ハンバーガーにポテト、そして丼もので簡単にお食事すませていませんか?

ご来場の方々の中にも、このようなお食事をされていたり、
気遣ってはいるけれど何をどうしたらいいかわからない・・・というようなお声も頂きました。

このようなお食事は「食後血糖値」に影響を与えるため、
食後に血糖値が急激に上がってしまい、糖尿病の症状をさらに進めてしまうことに。

SATシステムを利用しながら、これらのことについてお話したり、どのように改善していったらよいのか?という点について、栄養指導致しました。

私たちも
「このような質問された時には、どのような指導をしたらよいのか」
「こうやって伝えるとわかりやすい」等といったことを勉強させて頂く機会にもなりました。

「糖尿病フェスタ」、第二回も開催予定です。
また天六店、柴島店、都島センター薬局、法円坂薬局でも栄養指導を行っていますので、
お食事のことでお悩みの際には、ぜひお気軽にご相談くださいね

スポンサーサイト
2015.05.21 / Top↑
Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。