上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
大阪だけでなく全国各地で気温35度を超す猛暑が続いていますね。
四万十では4日連続40度を超していましたね
ここ数年猛暑の夏が続き、
熱中症の危険性が高くなっています。

熱中症とは暑い環境の中で体温の上昇を抑える為に発汗や皮膚血流量の増加がおこり、身体から水分や電解質が失われ、体内のバランスが崩れることによって起こる体調不良です

炎天下での運動や労働中だけではなく、散歩中、自転車乗車中、バス停でのバス待ちの間にも起こります。
また、近年では、室内での発症も多くなってきています。


環境省の熱中症環境保健マニュアルによると


軽度の熱中症
めまい・失神・たちくらみ・筋肉痛・筋肉の硬直・大量の発汗

中程度の熱中症
頭痛・気分の不快・吐き気・倦怠感・虚脱感

重度の熱中症
意識障害・痙攣・手足の運動障害・高体温

と、分類されています。
もし暑い環境下でこれらの体調不良が起きた場合、適切な応急処置をすることが重要です。


熱中症を疑ったら・・・


①涼しい環境へ避難する
 出来ればクーラーの効いている室内がいいです。


②体を冷やす
 衣服を脱がせて体から熱を逃がします。
 うちわ等で仰ぎ、氷嚢等があれば頚部、わきの下、足の付け根にあてて直接血液を冷やすことも有効です。



③水分・塩分の補給
 大量の発汗があった場合には汗で失われた塩分も適切に補えるスポーツドリンクや経口補水液が最適です!


④医療機関へ運ぶ 
 自力で水分の摂取ができないときは緊急で医療機関に搬送してください。



都島センター薬局では経口補水液OS-1を販売しています♪


OS-11_deco


先日、大塚製薬工場の山尾さんに来ていただき、OS-1についての勉強会をしました
試飲もさせて頂き、ゼリータイプは塩分を包み込むように作ってあるので液体に比べてずいぶんと塩味が少なく小さな子でも飲みやすいだろうな~と感じました

勉強会



OS-1について少し紹介します

OS-1は体液と近い濃度に調整されています!
  ⇒水やスポーツドリンクよりも速やかに水分と電解質が体に吸収されます。



●スポーツドリンクとの違い●
一般的なスポーツドリンク:電解質濃度低い、糖分高い
OS-1:電解質濃度高い(塩分はスポーツドリンクの2~5倍)、糖分低い(スポーツドリンクの1/3以下)



日常生活の水分補給はお茶や水で、軽いスポーツ時の電解質の補給であればスポーツドリンクで十分です★
塩分を含む汗を大量にかくような場面や、下痢嘔吐発熱等の脱水時にはOS-1が適しています!


●飲み方●
・ゴクゴク大量に飲んでも尿として排泄されてしまいます
・ちびちび飲むのが効果的
・500ml 1本に食塩が約1.5g含まれています
 ⇒水の代わりとして飲むと塩分の摂りすぎになります
・組成が調整されているので、水で薄めたり他のスポーツドリンクと混ぜたりすると必要な電解質が吸収されない場合が
 あります
・カリウムも多く含まれています
・高血圧、心臓疾患、腎臓疾患など疾患のある方は必ずかかりつけの医師の指示に従って飲んでください!


●1日当たりの目安量●
・乳児     体重1kg当たり30~50ml
・幼児     300~600ml
・学童~成人 500~1000ml



ゼリータイプも扱っています♪お気軽にお声かけください


ゼリー_deco



特に屋外で作業、仕事をする人、スポーツをする人は熱中症対策として、OS-1を常備しておいてもいいかもしれません
まだまだ暑い日は続きます。
大量の汗をかかない日常生活でもこまめに水分補給をすることを意識して夏を乗り切りましょう



都島センター薬局 谷田
スポンサーサイト
2013.08.23 / Top↑
Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。