FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
こんにちは。早いものでもう今年も残り1カ月弱となりましたね。
西宮店はスタッフ7人で毎日仲良く楽しく、笑顔で患者様をお迎えするよう日々頑張っています。

今週11/18(月)に、『認知症サポーター養成講座』を薬局内で開催してもらいました。
講師として、高齢者あんしん窓口 深津の看護師である横山さんと、同じく高齢者あんしん窓口 深津のケアマネージャー木村さん、西宮市社会福祉協議会の辻野さんの3名にお越し頂きました。

薬局では、外来や在宅で認知症の患者様の対応をすることもあるため、認知症の方への接し方をもっと勉強したい!という思いで、今回開催してもらいました。

今や、65歳以上の高齢者のうち、認知症の人は推計15%で、2012年時点で約462万人に上っています。認知症になる可能性がある軽度認知障害の高齢者も約400万人いると推計されており、65歳以上の4人に1人が認知症とその“予備軍”となる計算です。

NEC_0250.jpg


以下、少し長いですが、今回勉強した内容を簡単にまとめてみました。
少しでも参考になれば幸いです。

【認知症の原因となる病気】
1.アルツハイマー型:脳内のたんぱく質が影響を及ぼす。認知症の中で最も多いタイプ。
2.脳血管性:脳出血や脳梗塞で起こる
3.レビー小体型:レビー小体という物質が脳に溜まって起こる

⇒それぞれの型が合併し、色々なパターンがあるそうです。

【早期発見、早期診断、早期治療が大切】
治る病気(脳腫瘍、正常圧水頭症、慢性硬膜下血腫、ビタミン欠乏症、甲状腺ホルモン異常など)が原因で、一時的な認知症症状が起こる可能性があります。
しかし、長期間放置すると、回復できなくなるため、『早期発見、早期診断、早期治療』がとても大切だそうです!

【関わる時の基本姿勢「3つのない」】
1.驚かせない
2.急がせない
3.自尊心を傷つけない

【具体的な対応の7つのポイント】
1.まず見守る
2.余裕をもって対応する(自分に余裕がないと対応がきつくなってしまう)
3.声をかけるときは1人で行う(2人以上になると、混乱されることがある)
4.正面から声をかける(後ろから声をかけない)
5.相手に目線を合わせて、優しい口調で話しかける
6.穏やかに、はっきりした滑舌で
7.相手の言葉に耳を傾けて、ゆっくり対応する

【認知症の予防→生活習慣に気を付けよう】
1.肥満、高血圧、糖尿病、脂質異常症にならないよう予防する(脳血管障害のリスクを減らす)
2.『マゴタチワヤサシイ』の食材をまんべんなく食べる
3.よく噛んで食べる

ちなみに、『マゴタチワヤサシイ』とは、豆、ゴマ、卵、チーズ(乳製品)、わかめ(海藻類)、野菜、魚、しいたけ(キノコ類)、イモ類の頭文字です。

【日頃から“貯筋”に努めましょう】
1.運動を行い、脳の活性化をしよう(早歩きは海馬を鍛えます)
2.転倒しないよう気を付けよう(骨折をすると寝たきりになりやすく、認知症を発症する方もいらっしゃる)
3.指先の運動をしよう(指は第2の脳と言われています)

その他、具体的な対応方法も教えて頂き、とても参考になりました。
詳しくお知りになりたい方いらっしゃいましたら、お気軽に西宮センター薬局のスタッフにお声掛け下さいね。

ちなみに、認知症サポーター養成講座を受講すると、「認知症サポーター」となり、「認知症の人を支援します」という意思を示す目印の「オレンジリング」をもらうことが出来ます。
「認知症サポーターがいるお店」というステッカーも頂いたので、薬局入口に貼っています!
この認知症サポーター養成講座は、全国各地で開催されていますし、10人前後集まれば個別開催もしてくださるので、ぜひ皆さんも受けてみてくださいね!

NEC_0255.jpg NEC_0256.jpg




厚生労働省HP:http://www.mhlw.go.jp/topics/kaigo/dementia/c03.html
認知症サポーターキャラバンHP:http://www.caravanmate.com/
西宮市HPより認知症サポーターステッカー掲示店:
http://www.nishi.or.jp/contents/00025800000300017.html


認知症の患者様やそのご家族が暮らしやすい世の中になりますように…☆
私達も、まずは自分の出来ることから少しずつ、サポートしていけたらと思います。
スポンサーサイト
2013.11.22 / Top↑
今回の勉強会は睡眠時無呼吸症候群の治療について!です。

というのも、近くのクリニックでは睡眠時無呼吸症候群(SAS)の治療が積極的に行われています。

薬局に来られる患者さんとの会話で
「あれが慣れないうちは寝にくかった」とか
「やったら血圧下がってね」
「横向き用のやつやからねー」
等ものすごく漠然とした話しが出てきます
こちも「あーあれですね」「そうですよね横向寝のやつねー」
などとお返事できればよいのですが、わからない

そこで、教えて!帝人さん!! 勉強会を開催し、実際に使われているマスクを
見せていただきました。

まずは、SASの定義から
「一晩7時間の睡眠中に30回以上の無呼吸があり、そのいくつかはノンREM期にも出現するもの
無呼吸=10秒以上の呼吸気流停止が1時間あたり5回以上」
だそうです。

NEC_0069_20130226172628.jpg

原因は肥満に伴うものや扁桃肥大、巨舌症、アデノイド等々の形態的な要因 上気道筋の活動度の低下といった
機能的な要因があげられます。睡眠時無呼吸が悪化すると、循環器系に悪影響をおよぼしたり、深い眠りが得られないことから日中の傾眠 精神・神経機能にも影響がでることがあるんです。

専門機関で診断を受け治療が必要となると
生活習慣に関する指導、内科的指導、外科的指導、歯科装具などがあります。
その中でも、マスクを装着し気道内に陽圧をかけて、気道の閉塞を防ぐCPAP療法が
高い治療効果があると言われています。

CPAP装置です。実際動かしてもらいましたが、音はびっくりするほど静かでした。
NEC_0073.jpg

帝人在宅医療株式会社 土屋貴揮さんです
NEC_0076.jpg

横向寝の方用は、鼻装着です
NEC_0077.jpg

自分の寝ている様子はなかなか分からないもの。でも大切な睡眠。
何か気になることがあれば専門機関に相談してみようと思いました。

この後、在宅酸素についてもご説明いただきました。
また、このブログ作成にあたって、勉強会でいただいた資料 TEIJIN CPAP療法より
一部引用させていただきました。

ありがとうございました。
... 続きを読む
2013.02.26 / Top↑
師走に入るすこし前に、西宮センター店内で輸液の勉強会が行われました。

ここ西宮では、在宅患者さん数名に輸液の処方が出ます。
輸液そのものの処方の他に、点滴用のルートや針など
医療材料も処方されますので、初めての時はまず処方入力の壁がありました。
項目はなに?点数は何点?この材料は薬価がないの???等々

そして次の壁は、お届けに行った後の患者さん宅で。
基本的にはセッティングは訪問看護師さんがしてくださいますが、
私達にも質問があります。「空気の泡を消して」「点滴が落ちてない」
「針が歪んでる?」「この速度でいい? この高さでいい?」

そこで、在宅推進委員会に相談し、法円坂訪問看護ステーションの看護師T部長に
来ていただき、実際に触って、しくみを教えてもらいました。

写真①大
はい、これが翼状針と呼ばれるものですよー ほうほう、ふむふむ

写真④大
こうして、ああして、こんなふうに繋げていきます。 ん? ここはどうなってるの?


写真②大
はい、ポタポタ落ちてきたでしょ。 あっ、ほんとだ。


輸液がルートを通っていくように、スーッと腑に落ちたことがたくさんありました。

でも、実際何度も何度も実践を繰り返して使いこなすものなんだなと分かりました。

添付文書や文字の情報だけでは、対処できないことが色々あります。
同じ薬でも人それぞれ、飲み方や効果の出方副作用の出方が違いますもんね。
出来るだけ、目で見て触れて(触れられるものは)五感を働かせていこうと思いました。
2012.12.05 / Top↑
お久しぶりです

西宮のぶっちです

今日から西宮に、待望の新メンバーが入ってきました

明るくひょうきんな、事務さんです

まだまだ初日で緊張気味だと思いますが、これからじっくり距離を縮めて行こうと思ってます


そろそろ西宮も、開局から半年です

スタッフ一同で、ますます頑張っていきます
2012.03.05 / Top↑
蜍牙シキ莨喟convert_20111201172913
西宮センター薬局のブッチです

西宮センター薬局は10月にオープンし、法円坂メディカルに仲間入りしました

他の店舗と少し離れているので心細いですが、

これからもスタッフ一同で頑張っていきます

よろしくお願いします



さて、先日は製薬メーカーさんに勉強会をしていただきました。

今のうちに疑問を解決しようと、皆真剣です

定期的に勉強会を開いてもらい、知識を深めていこうと思います


今日から12月ですが、みなさんお体に気を付けてくださいね~
2011.12.01 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。